一般社団法人 iCD協会

活動方針

事業ビジョン

活動方針

1.iCDの認知度を上げ

企業による実際の活用の機会をつくる カンファレンスや説明会等により国内でのiCD認知度の向上を図るとともに、iCD活用ワークショップ等の実活用の機会を提供して幅広いiCDのファン作りを行う。

2.「iCD活用企業認証制度」を運営し、iCD活用企業の拡大を図る

iCDを活用している企業(以下、iCDユーザー企業)同士の情報交換を実施し、企業同士のビジネスマッチングや人材交流を図り、iCDユーザ企業の発展を支援する。
また、海外展開をしている企業やこれから展開を検討している企業に対して、グローバルなIT技術者育成や人事評価等の企業活動の支援を行う。

3.iCDを活用している企業の発展を支援する

iCDを活用している企業同士の情報交換を実施し、活用コンサルテーション等のサポートを実施する。
また、企業同士の人材交流やビジネスマッチングを図り、活用企業の発展を支援する。

4.iCDコンテンツの内容を更新する

企業活動の業務(仕事)を整理したタスクディクショナリと、タスクを遂行するために必要な能力を整理したスキルディクショナリの内容を、内外の環境の変化やユーザーニーズに応じて逐次ブラッシュアップし、グローバル標準として高度な内容を維持する。

5. iCDシステムの活用を推進する

現在IPAが提供しているiCD活用システムに対し、機能追加や操作性の向上等、カスタマイズを実現し、iCDシステムの活用を促進する。

6.iCDを活用した教育体系を確立する

学校関係および教育ベンダー等と協力し、iCDを活用した人材育成施策を実行する体制を確立する。
また、それらの機関をiCDエデュケーターとして認証し、カリキュラムや研修手法を研究する。

7.iCDの海外展開を促進する

海外展開をしている企業やこれから展開を検討しているグローバル企業に対して、iCDを用いて海外におけるIT技術者育成や人事評価等の支援を行う。

協会の位置づけ

page top